積水ハウスの価格を30坪、40坪、50坪総まとめ

無料!ハウスメーカーや工務店の総額や間取りプランを比較

積水ハウスの価格で30坪、40坪、50坪

積水ハウスの価格で30坪、40坪、50坪についてまとめていますので参考にしてください。
積水ハウスはハウスメーカーの中でも他社と比較しても群を抜いて人気です。
人気の理由の一つには品質と価格のバランスが優れていることが挙げられます。

 

積水ハウスの価格について各記事を参考にしてください。

 

 

 

積水ハウスの価格は品質やサービスはもちろんのこと
安心と信頼によって決められています。

積水ハウスの価格は30坪の場合いくら必要?

 

積水ハウスなどの住宅メーカーの一般的な坪数は約35坪といわれています。
では実際積水ハウスで家を建てる場合の目安価格はどれくらいになるのでしょうか。

 

 

積水ハウスの坪単価は平均80〜90万円です。

 

 

30坪×80万の時は2400万
30坪×90万の時は2700万

 

 

しかし、この金額はあくまでも目安で、
実際に支払う金額はもっと大きくなります。
諸費用や登録費などが必要になるからです。

 

 

さらに、建売住宅なのか注文住宅なのかの違いによっても価格が大きく変動します。

 

 

注文住宅の場合メーカー側が推奨している標準仕様のものとは違う仕様や色々なオプションをたくさん付けると、
その分価格が上がり、坪単価も勿論高くなってきます。

 

 

先ほど坪単価の計算をしましたが、積水ハウスで注文住宅を建てる場合、
30坪×80万=2400万円でも建物の本体価格以外にも必要な経費、
オプションをつけるなどの経費を含めると総額はとても高い金額になると言えます。 

 

 

大手の住宅メーカーは広告費などが多くかかっているので、坪単価が高めになるようです。

 

 

積水ハウスは鉄骨住宅とシャーウッドという木造住宅がありますが、
以外にもこの木造住宅の方が坪単価が割高になることが多いとか。

 

 

やはり、広告費や設備費が割高に繋がっているのかなという印象です。

 

 

大手なだけあってブランド価格な積水ハウスですが、
やはり安心感は大きいのと、いい営業マンがいるということでも有名ですし、
サポートが充実しているからこの坪単価と考えると妥当な値段なのかもしれませんね。

積水ハウスの価格の見方

 

積水ハウスの価格の見方は、坪単価×坪数です。

 

平均的な坪単価は80万前後です。

 

 

坪数は建てる広さにもよりますが、最初に大まかな金額を知る上でも
坪単価×坪数で価格を把握しておくとよいでしょう。

 

 

30坪の場合だと
坪単価が80万円×30坪なので2400万円になります。

 

この金額は本体価格のみなので
別途諸費用や登録費用が必要になります。

 

 

諸費用は、建物の価格や間取り・構造によっても違うのです。
これは仕方がないことなので建築工事をするときには
必ず見積もりを取ってお金の動きもしっかりと見て起きましょう。

 

見積もりをとることで資金計画も失敗を未然に防ぐことができます。

 

ただ諸経費や見積もり金額は、各ハウスメーカーによって違うので
注意が必要です。

 

 

ハウスメーカーのパンフレットなどでは同じ建物なら同じ価格のように
見えるかもしれませんが、建てる場所や時期、支払いの方法等によっても
価格は違ってきます。

 

少し例に上げると勾配のある土地に家を建てるのと、
平地に家を建てるのでは、どちらが安く仕上がるのかというと、
平地です。勾配のある土地に家を建てるとなると基礎工事が
高くなります。

 

地震の時にすぐに倒れるような家では
いけませんからね。

 

大まかな目安を知るには、建築工事費の内本体工事費は住居専用建物の都道府県の
工事単価や住宅金融支援機構のフラット35の対象となった個人の住宅のデータなどから
推測することができます。

 

 

例えば東京の木造住宅の平均工事陽単価は一坪あたり約62万円です。
この費用に別途の工事費が加わりますので更に価格も上がります。

 

もちろん工法やプランによっても違うので最初の資金計画の段階では、
本体工事費の15%くらいは別途工事費の目安にするとよいでしょう。

 

ちなみに本体工事の全国平均は木造住宅で約58万円です。
この金額もあくまで目安です。条件しだいで値段が変わります。

 

更に安くあげたいのであればキャンペーンなどを利用して安くする方法も有りますね。

 

木造住宅の全国平均坪単価は約79万円です。

 

木造住宅のほうが19万円も安く仕上がるというわけです。

 

このように価格についてもそれぞれのハウスメーカーの営業担当者が
親切に教えてくれます。
見積もりを複数取ってそれぞれの営業担当者に質問をして
比較してみると更に詳しい価格が分かります。

 

 

積水ハウスの価格は35坪の場合いくら必要?

 

積水ハウスなどの住宅メーカーの一般的な坪数は約35坪といわれています。
では実際積水ハウスで家を建てる場合の目安価格はどれくらいになるのでしょうか。

 

 

積水ハウスの坪単価は平均80〜90万円です。

 

 

35坪×80万の時は2800万
35坪×90万の時は3150万

 

 

しかし、この金額はあくまでも目安で、
実際に支払う金額はもっと大きくなります。
諸費用や登録費などが必要になるからです。

 

 

さらに、建売住宅なのか注文住宅なのかの違いによっても価格が大きく変動します。

 

 

注文住宅の場合メーカー側が推奨している標準仕様のものとは違う仕様や色々なオプションをたくさん付けると、
その分価格が上がり、坪単価も勿論高くなってきます。

 

 

先ほど坪単価の計算をしましたが、積水ハウスで注文住宅を建てる場合、
30坪×80万=2400万円でも建物の本体価格以外にも必要な経費、
オプションをつけるなどの経費を含めると総額はとても高い金額になると言えます。 

 

 

大手の住宅メーカーは広告費などが多くかかっているので、坪単価が高めになるようです。

 

 

積水ハウスは鉄骨住宅とシャーウッドという木造住宅がありますが、
以外にもこの木造住宅の方が坪単価が割高になることが多いとか。

 

 

やはり、広告費や設備費が割高に繋がっているのかなという印象です。

 

 

大手なだけあってブランド価格な積水ハウスですが、
やはり安心感は大きいのと、いい営業マンがいるということでも有名ですし、
サポートが充実しているからこの坪単価と考えると妥当な値段なのかもしれませんね。

積水ハウスの価格は40坪の場合いくら必要?

 

 

一般的な坪数より少々多い40坪の場合、坪単価はどれくらいになるのでしょうか?
積水ハウスの坪単価は平均80〜90坪ですから、

 

 

40坪×80万の場合は3200万
40坪×90万の場合は3600万

 

 

となります。

 

 

これらが積水ハウスの40坪の目安価格になりますが、
実際に支払う金額はこれより高くなることが多いです。
なぜなら他にも色々な諸費用、登録費などが含まれてくるからです。

 

しかし、この金額はあくまでも目安で、
実際に支払う金額はもっと大きくなります。
諸費用や登録費などが必要になるからです。

 

 

さらに、建売住宅なのか注文住宅なのかの違いによっても価格が大きく変動します。

 

 

注文住宅の場合メーカー側が推奨している標準仕様のものとは違う仕様や色々なオプションをたくさん付けると、
その分価格が上がり、坪単価も勿論高くなってきます。

 

 

先ほど坪単価の計算をしましたが、積水ハウスで注文住宅を建てる場合、
30坪×80万=2400万円でも建物の本体価格以外にも必要な経費、
オプションをつけるなどの経費を含めると総額はとても高い金額になると言えます。 

 

 

大手の住宅メーカーは広告費などが多くかかっているので、坪単価が高めになるようです。

 

 

積水ハウスは鉄骨住宅とシャーウッドという木造住宅がありますが、
以外にもこの木造住宅の方が坪単価が割高になることが多いとか。

 

 

やはり、広告費や設備費が割高に繋がっているのかなという印象です。

 

 

大手なだけあってブランド価格な積水ハウスですが、
やはり安心感は大きいのと、いい営業マンがいるということでも有名ですし、
サポートが充実しているからこの坪単価と考えると妥当な値段なのかもしれませんね。

 

積水ハウスの40坪に建てられる家

 

平屋・2階建て

 

積水ハウスの40坪に建てられる家のタイプ

 

木造・軽量鉄骨・重量鉄骨

 

 

積水ハウスの価格は50坪の場合いくら必要?

 

 

一般的な坪数より少々多い40坪の場合、坪単価はどれくらいになるのでしょうか?
積水ハウスの坪単価は平均80〜90坪ですから、

 

 

50坪×80万の場合は4000万
50坪×90万の場合は4500万

 

 

となります。

 

 

これらが積水ハウスの50坪の目安価格になりますが、
実際に支払う金額はこれより高くなることが多いです。
なぜなら他にも色々な諸費用、登録費などが含まれてくるからです。

 

しかし、この金額はあくまでも目安で、
実際に支払う金額はもっと大きくなります。
諸費用や登録費などが必要になるからです。

 

 

さらに、建売住宅なのか注文住宅なのかの違いによっても価格が大きく変動します。

 

 

注文住宅の場合メーカー側が推奨している標準仕様のものとは違う仕様や色々なオプションをたくさん付けると、
その分価格が上がり、坪単価も勿論高くなってきます。

 

 

先ほど坪単価の計算をしましたが、積水ハウスで注文住宅を建てる場合、
30坪×80万=2400万円でも建物の本体価格以外にも必要な経費、
オプションをつけるなどの経費を含めると総額はとても高い金額になると言えます。 

 

 

大手の住宅メーカーは広告費などが多くかかっているので、坪単価が高めになるようです。

 

 

積水ハウスは鉄骨住宅とシャーウッドという木造住宅がありますが、
以外にもこの木造住宅の方が坪単価が割高になることが多いとか。

 

 

 

大手なだけあってブランド価格な積水ハウスですが、
やはり安心感は大きいのと、いい営業マンがいるということでも有名ですし、
サポートが充実しているからこの坪単価と考えると妥当な値段なのかもしれませんね。

 

 

積水ハウスの店舗紹介

積水ハウスの店舗の紹介です。
積水ハウスの見積もりは全県に対応しています。

 

対応地域
北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県/長野県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県

 

こちらを参考にしました。
注文住宅の費用と相場.com

 

下記の項目に1つでも当てはまる方は資料請求をおすすめします。

1:いろんな新築を建てている会社を知りたいけど、全部まわるのはちょっと大変・・・。

そんな時に便利なのが資料請求です。家にいながら自宅近辺の新築のプロの情報が無料で手に入るので気になる会社があれば、まずは資料請求をしてみよう!

2:新築を建てる前にプロの情報が知りたい!見積もとってみたい!

ネットでは決して流れないお得な情報ももちろんあります。もっと詳しい情報を集めたい時にぜひ活用しよう。

3:今すぐではないけど新築を考えているので詳しい情報だけでも知りたい。

今すぐ新築を考えている人だけでなくても、気軽に新築を建ててくれる会社のことを知ることができるのが資料請求です。1年後、2年後のために今からじっくり情報集目をして、どんなふうに家を買えたいのかイメージをふくらまそう。

4どんな新築があるのか、そしてその工法やアイデアなどいろんな例がもっとみたい!

節電を意識した新築の、耐震の新築等いろんな種類をもっとたくさん見たい方にもオススメなのが資料請求です。新築後の快適な生活がイメージしやすくなるでしょう。

5:家族にも相談したいけど、日程が合わなくて一緒に相談にいけない。

家族にも相談したいけど、実際に一緒にハウスメーカーの会社に行くのは難しいものです。そんな時は届いたパンフレットをもとに、みんなでかぞくのどの部分をどんなふうに変えたいのか話し合ってみよう。

タウンライフ家づくり

 

 

無料!簡単3分でネット一括依頼!

 

・間取りプラン・資金の計画書の作成(無料) ・全国600社の優良企業の一括見積もりが可能 ・プロの専門科が新築のアドバイス致します。

 

 タウンライフ家づくり